就職までの道
月別アーカイブ
お勧めサイト
フリースペース
TOP

就職するまでの道のりに必要な情報。

ホワイト企業とは何か。そこに就職する意味とは

ホワイト企業とは最近よく名前を聞くようになった名称で、簡単に言えば従業員の離職率が低い企業の事です。その企業がそう呼ばれるべき企業なのかどうかという明確な定義というものはありませんが、社員一人一人の仕事の負荷が低い、労働時間が短い、残業が少ないなどの特徴があるのでそこである程度わける事ができます。これから就職する人にとって、ホワイト企業を選んで就職する事は長く仕事を続けるためだけでなく、健康なまま仕事を続けるためにも必要な事と言えるでしょう。この名称は、ブラック企業という言葉が有名になるにつれてその対義語としてネットを中心に広まりました。この名称は働きやすい環境が整っている企業を指すものでもありますから、就職をする時には自分の企業がそうであるかどうかを見極める必要もあります。ホワイト企業と呼ばれる定義は明確ではなく、その特徴に当てはまっている部分もあれば当てはまらない部分も持っている企業もあります。こう呼ばれる条件を全て満たしている会社を見つけるのは難しいですし、競争倍率が高い事も多いのである程度は妥協して自分なりに外せない条件で企業を探す方が、より賢い就職先の選び方と言えます。

お礼メールの送り方

お礼メールは、就職活動における絶好のアピールポイントです。タイミングとしては、OB訪問やセミナーの後が理想的。社会人としてのメールマナーをしっかり把握している学生は通常あまりいませんから、正しいやり方で送ることができれば、それだけで「できる学生」と見てもらうことができます。ポイントとしては、まず件名をしっかり書くこと。相手は忙しいビジネスマン、何の用事でメールをくれたのか、すぐ分からないと迷惑をかけてしまいます。そして当たり前のことですが、相手の名前と自分の名前を忘れないこと。相手の名前がなければ失礼ですし、自分の名前がなければどこの誰だか分かりません。いずれにせよ、失礼なメールになってしまいますので、気を付けましょう。社会人へのお礼メールと、友達との雑談メールは、もちろん性質が180度違います。正しいメールマナーを身に着けて、ライバルと差をつけたいですね。最初は面倒ですが、働くようになれば必ず覚えるのですから、予行演習だと思って自分の物にしてしまうといいかもしれません。

圧迫面接は、故意に面接官が否定的・批判的な発言や質問をするものです

圧迫面接というのは、故意に面接官が否定的・批判的な発言や質問をして、応募者の資質や性格をチェックする面接の方法です。例えば、故意に腹が立ったり、回答しにくかったりするような質問をすることなどです。応募者に対して、露骨に威圧的な態度を示して、詰め寄る場合もあります。つまり、応募者を故意にいじめるものです。では、どうして圧迫面接は実施されるのでしょうか?圧迫があった場合、応募者がどのような反応を示すかを見ることによって、機転や精神力などをチェックするためです。どのような会社でも、メンタル的に強い人を要求しています。しかしながら、メンタル的な強さは、外観からのみでは分かりません。そのため、面接においてストレスを故意に与えることによって、ストレスに対する対応力をチェックするのです。感情を上手くコントロール可能か、上手く機転を利かせて対応可能か、などです。会社側としては、優れた人材を採用する方法の1つです。